最近の若者の欲求が減少しているという話をよく聞きますが、どう思いますか?

確かに生まれたときから欲しいものが簡単に手に入り、争いや努力をしなくてもそれなりに生きていける・・・努力したところで将来に希望が持てないとなると、なんとなく流されるように生きていったほうが楽だと思うのかもしれませんね。

昔は家族も兄弟も多かったので、自己主張をしないと大勢の中に埋もれてしまい、何をするにも競争を避けることができなかったのですが今は違います。

ゆとり教育から始まりゆるーい環境で育っていると、何かが欲しいとか自分がこうなりたいという欲求だけではなく、本来人間が元々備わっているはずの食欲、性欲、睡眠欲すらも減少してしまうのでしょうか?

確かに、最近の男の子は草食系と呼ばれる自分から女性を誘ったり、男として強くなりたいという考えがない人が多い気がします。

このまま自分の欲求を満たすために努力したり、そのためには何をすればいいのかを考えないようになると、人間はどうなってしまうのか心配ですね。

食欲がなくなるというのは、ダイエットや食生活の乱れからなのかもしれませんが、睡眠欲はどうでしょう・・・

昔のように夜になると街の中の明かりも暗くなり、自然に静かな環境になると体内時計も正常に働くのでしょうが、今のように夜でも開いているお店が多く、24時間営業のレストランやコンビニ、スーパーなども珍しくありません。そんな環境で生活していると、夜なったから自然に睡魔が・・・ということもなくなり、常に脳が興奮状態になっているのかもしれません。

また、人を好きになることがなくなると当然性欲もなくなり、最近は結婚したくない若者が増えていると言います。確かに結婚するしないは個人の自由かもしれませんが、それが子供を作らないことにつながり高齢化が加速することになりますよね?子孫を残さない人間が増える事って実は怖いことですよね!

でも・・・最近の若者は欲求が減少している!なんて簡単に言いますが、そんな環境を作ったのは今の日本を作ってきた大人たちです!若者が悪いみたいな言い方は間違っているのではないでしょうか?

これからそんな若者がもっと増えるだろうし、それをなんとか改善していくのはとても難しいことかもしれません。もっと、将来に夢を持てるような世の中になれば、欲求も増えてくるのかもしれません。

ワキガの人が近くに来ると、かなりキツイ臭いがするのですぐに分かりますよね!思わずその人を見てしまったり、もしかしたら自分が臭っているのではないかと脇の臭いをこっそり嗅ぎたくなりますよね・・・

でも、あの臭いって実は自分では気付いていない場合が多く、誰かに指摘されて初めて自分がワキガだと気づくようです。

あんなにきつい臭いが分からないなんて信じられませんが、毎日同じ臭いを嗅いでいるとマヒするものらしいですよ。

周りの人も身近な人がワキガだって気付いても、それを指摘するのって勇気がいるし、その人を傷つけてしまいそうでできればそのままにしておきたいと思うはず。

最近はデオドラント効果が高いケアグッズや汗を吸収するパットなどワキガの人のための商品がたくさんあり、それを使うことで臭いが抑えられていると勘違いしている人もいるかもしれません。しかし、普通の汗の臭いとは違いワキガの臭いは簡単に消臭できるものではないのです。

 

もし、自分がワキガだと気づいたらどうしますか?

当然何らかの方法でその臭いを解消しようと思うはずですが、市販のデオドラントスプレーなどではあの独特の臭いを元から断つことができないので、最終的には病院での治療が必要になります。

このワキガの治療はいくつかあって、多くの人が悩みを解決しているのです。

主な治療法としては手術して臭いを出す部分を切除するのが一般的ですが、最近は切らずにできる手術方法が人気です。

切らないで臭いの原因になる汗腺を切除できるなんて信じられませんが、傷跡が残らない事や術後すぐに腕を動かすことができるなど体への負担が少ないというメリットがあります。

この手術方法はミラドライと呼ばれる方法で、レーザーを使って臭いの元になる汗腺を破壊することで、ワキガの嫌な臭いを解消することができるのです。

まだ、このミラドライを受けられる病院は多くありませんが、これからの脇が治療の主流になってくるのではないでしょうか?

今までのワキガ手術は手術跡が残り抜糸などで通院の必要がありましたが、効果はそのままで身体的負担が少ないミラドライが選ばれるケースが多くなってきました。まだ高額なので簡単には受けられないかもしれませんが、いろいろな方法を試すよりはミラドライで確実にワキガの臭いから解放された方が良いのではないでしょうか?

 

最近の若者は神経質過ぎると言われていますが、以前働いていたところのバイトの子もすごかった!

気が利かない割には自分のことに関しては神経質で、食べるたびに口を拭き常に除菌シートを持ち歩いて携帯電話や持ち物を拭いていました。仕事中もことあるごとに手を洗いに行き、石鹸でゴシゴシ。手が荒れているのもお構いなしに何度も洗うので、神経質を超えて潔癖症ではないかと疑ってしまいました。

こんな風に最近の若者が神経質になってしまったのはなぜでしょう?

きっと育った環境が汚いものや菌は体にとって悪で、それを徹底的に排除することで健康でいられると教えられたからだと思います。

たしかに、子供が生まれてすぐにお母さんたちは赤ちゃんのお世話をするたびに手をきれいに洗って消毒するように指導されます。そうしないと免疫力の弱い赤ちゃんが病気になってしまうと教えられると、とにかく子供は清潔に菌がいない生活をさせなくてはならないと勘違いしてしまうようです。

実は人間の体はある程度ばい菌があっても大丈夫なようにできてしますし、それによって体が強くなり免疫力が付くらしいですよ。

その免疫力を付けるチャンスが全くない体は病気をしやすく、体力もない貧弱な状態になってしまうそうです・・・最近は抗生物質も効きにくい強い菌が増えていると聞きますが、そういう強い菌に勝つためには除菌や菌を避ける生活も大切ですが、体作りも大切ですね。

親が除菌する生活をしていると、当然子供もそのようにするのが自然で常に神経質なくらい身の回りの物がきれいにしようとするのではないでしょうか?除菌グッズが売れると分かると、もっと除菌効果が高いものが発売され、年々強くなっている気が・・・

育った環境がそうさせるのでしょうが、だったら仕事も神経質に行ってくれると心配が少なく頼りになると思うのですが・・・なぜかその辺は適当!自分のことしか大事にしない、そんな人が増えているのが不安です。

神経質って決して悪いことではないと思いますが、度が過ぎると周りの人に迷惑や不快感を与えかねないので気を付けたほうが良いですね!

最近の若者を見ていて思うのが、髪の毛に執着しすぎているということです。
ちょうど年頃ということもあるのだと思うのですが、特にあきれるのが若い男です。

街を歩いてふと最近思ったのですが、なにやら若者がお店の前のショウウィンドウの
前で立ち止まっているのです。

何をしているのかな?

と気になったのでちょっとその様子を見学してみるとビックリ!
なんと自分の髪型をショウウィンドウにうつしてチェックしているのです。

こういう若者って一人や二人じゃなくてかなり多いですよね。
かなりビックリです。

あと、最近、若者に薄毛がすごく増えてきているのを知っていますか?
これは食生活の欧米化と生活習慣がすごく関わっているように思います。

若い男なんて食生活について何も考えていないですからね。
食事で重要なことはオリゴ糖と食物繊維と発酵食品をとること。

これをとることで腸内環境が良好なものとなって
血の巡りがよくなり、頭皮の血行もよくなるのですが、若者なんてそんなことお構いなしですよね。

コンビニで買って済ませたり、インスタント麺を食べたり、
食事が体の健康に大きく関わっているなんてことを全く気にしていないのです。

最近、若者にやたらと育毛剤が売れるのも納得いきますよね。
リアップとか、ミノキシジルが含まれている本格的な育毛剤が若者にすごく売れているのは、
私が思うのは食事がすごく関係しているように思いますね。

http://xn--68jub6mmbf3k0e8ds228azw0b.biz/minoxidile2.html

ハゲたいないと考えているのであれば、常に頭皮を清潔に保ち、
頭皮の血行不良にならないように注意することが重要です。

今でもいると思うのですが、朝にシャンプーをする朝シャンってのは
あまりオススメできません。

頭皮を清潔に保つことは重要ですが、頭皮の洗いすぎというのは髪によくないのです。
なぜなら、頭皮を洗いすぎることで頭皮の皮脂が除去されてしまい、本来持っているバリア機能が
なくなってしまうからです。

洗いすぎによってフケ、ニキビ、デキモノができたりといった頭皮の炎症を招くことがあり、
結果として髪を失うことになりかねないからです。

若い子はすぐに信じられない行動をしますから、

になってしまうのです。

何で、そんなことするのかなとか思うのです。

若い時には、無理をする子はたくさんいますが、それにしてもひどいなと感じてしまいます。

あなたも感じませんか?

日本は、やがてはどうなってしまうのでしょうね?

「今の子供はカルシウムが欠けているのですよ!」

とかいう人もいます。

確かに、毎日何を食べるのか?

ということは、体を考えてみたらすごく重要になっていますから。

あなたも子供がいたら、いいものを食べさせなくてはならないでしょう。

コンビニ弁当とか食べていたら、体にも頭にもよくないから、注意をしなくてはならないです

毎日、食べる物は難しいです。

野菜や魚が体にいいとは分かっていても、毎日食べるのは容易ではないのです。

子供はそんなものでは、満足感が得られないから食べたくないでしょう。

肉や揚げ物が食べたくなってしまいます。

お菓子とかポテチとか...。

体にいいものと、おなかにたまるものはまったく別になっているのです。

今の子供は、カルシウムが欠けているのですよ!

という説も真実だとは思いますが、だからと言って、急に変更はできないですよね。

日本人も母親が働いていたら、食事にはかまっていられないのです。

そんな暇がないからね。

専業主婦も少なくなっています。

子供の食生活の乱れが大きく問題になっていますが、だからと言って、できることも多くはありません。

先は、さらに深刻になってしまうのかな?

コンビニや弁当屋や外食もいくらでもありますから、子供の食生活の乱れは深刻なものといえるのではないでしょうか?

あなたのお子様にも注意をしてください。

子供の肥満も増えていますが、たぶんそれもろくな食べ物を食べていないことにも関係していると思います。

食事の乱れから、様々な社会的な問題になってしまっているのです。

おいしいものを食べて、元気になれたらいいですね。

生きていくのには、食べ物が基本になってしまうものだからです。

若い子がすぐにきれてしまうので、様々な問題になっていますよね。

そんなことは関係ないのではないか?

と思うようなことでも、すぐにきれてしまうのです。

なんか怖い感じがします。

何ででしょうか?

若い子は我慢ができなくなっています。

ゆとり教育になっていますから...。

自分が1番大事な子なのではないでしょうか?

学校でも大変でしょう。

学校の先生も難儀だね。

親が甘やかしていますから、そのせいも大きくあるでしょう。

とにかく、今の子供は扱いにくくなっています。

あなたのお子様はいかがでしょうか?

正直、私は子供は好きになれないですね。

なんだかんだと文句を言ってきますから、好きにはなれないのです。

子供には近づかないよ。

自分でも子どもが欲しい!

と思うことは全くないのです。

だから、子供はノーサンキューです。

すぐに、キレる若者・・・。

一体、何が原因なのでしょうか?

大人ももう少しキビシクしなくてはならないと思うのです。

あなたはどう思いますか?

社会で生きていくのは厳しいものですから、甘い気持ちでは長く生きていかれません。

みんな社会に出てから苦労をするのです。

ニートも増えていくのかな?

人間も生き物ですから、弱肉強食!

のんびりしていたら、みんなおいしい部分なんかもっていかれてしまうのです。

そんな社会の仕組みのことを全くわかっていない子がたくさんいるのではないかな?

まあ...。

きれているのは、若い証拠かな?

変な事件や事故がたくさんあるので、若者がきれているのも他人事ではないですよね。

いつ事件になってしまうのかが分からないから、こわいね!

私も変な若者にはかかわりたくないなと思うのが本音です。

若い子は何を考えているのかが分からないので、避けていた方が無難でしょう。

しつけとか正義感を持ったら、こっちが損をしてしまうので怖いですね。

いやな世の中になってきましたが、自分の身が1番大事になってきますからね!

暴力事件もたくさんあるので、考えただけでも怖いですね。

若い世代の人と一緒に仕事をしていて本当に参るなぁ、と思うのが

何かトラブルが起こった時です。

たとえば、お客様からクレームが来たとき。

たとえば、取引先と行き違いがあり物事がスムーズに進まないとき。

たとえば、チーム内の連絡や報告がうまくいかなかったとき。

 

本人が悪いわけではなくても、仕事をしていれば様々なトラブルが起こります。

 

いまどきの人、とひとくくりにするのは申し訳ないけれど

今の若者はこのトラブルに非常に弱い!!

謝る事はできる。謝りっぷりはいっそ気持ちがよいくらいである。

素直な子も多い。

だけれども、トラブルへの処理能力が低いのだ。

私なんか大学時代にバイトをいろいろしていたから、そのへんのい免疫はたもたれているんだけど。

起こってしまったトラブルは、何とかして乗り越えていかなければしょうがないのだけれども

その「次の手」を考える事ができないのだ。

パニックになる沸点が低い、とでも言えばいいのだろうか。

助けてばかりでは成長もないからなんとかしてみろ、と任せみるわけだけれど

「習っていない」「わからない」「できない」と。

その答えではまるで「学校だろう」とため息がでるのです。

トラブルが起こっても、「わかりません」で人任せにしてしまおうとする態度を見ると

それが仕事に対する態度か!と腹が立つわけです。

仕事では習っていなくて当たり前だし、わからなくて当たり前。

先生などいないし、ましてやヤフーで検索しても答えなど出てはこないのです。

悔しい思いをしながらでも自分でなんとかするのが仕事なわけだが、

それをどうたったら今の若者にわかってもらえるのか。

 

今の若者の言葉にはちょっとついていけない、と思う事が多い。

昔から、若者というのは新しい言葉をつくったり

英語をカタカタにしたり、長い言葉を短くしたり、いろんなことをやったもんだ。

私も、若いころは大人世代に「なんだその言葉は」と言われた事もある。

最近のネットの中にあるネット用語などはもはや言葉の形すらとっていないものも多い。

(ry や wktk などは記号なのか入力ミスなのかと思いたくもなるが

使いこなす世代にすれば、立派な単語なのだそうだ。

こうなると、言葉遊びの要素もかなりあるわけだけど

 私は、その事自体をどうのこうの言うつもりはない。

プライベートな時間はどんな言葉遊びをしてもそれはいいではないか。

仲間内の符号のようなものも楽しめばいいと思う。

ただし、それは「いざという時はちゃんとした言葉がしゃべれる」場合に限る。

中学生高校生くらいならともかくも、大学を出たようないい大人が

お礼を述べるべき席で「あざーす」では、ため息もつきたくなるというものだ。

末尾に「っすよ」を付ければすべて丁寧語に化けるとでも、勘違いしているのだろうか。

基本的な尊敬語も謙譲語も全く使えないという若者も驚くほどに多い。

謙譲語 などは学校で習っているはずなのに、「謙譲語」という単語そのものを

知らないのではないか?と思ってしまうのだ。

 

「美しい日本語」とまではいかなくても、せめていざという時は「きちんとした敬語」を

しゃべってほしいと思うのは高望みしすぎなのであろうか。

外食をしていても、コンビニで食材を買う時も思う事だが

食事や弁当は、食べているもののカロリーがやたらに大きく記載されている

ものが多い。はっきりと調べてみたわけではないのだが

おそらく低カロリーの物ほど大きくカロリー表示をして

「こんなに低カロリーですよ」というのをアピールしているのではなかろうか。

午後もたっぷり働かなくてはならない日の昼食がおにぎり一つと春雨ヌードル

などという女性を見ると、他人ごとながら心配になってくる。

そんなときに朝ご飯は何を食べたのか尋ねてみると「ヨーグルトと野菜ジュース」などと

いう答えが返ってくるのだ。

それは食事ではなくて飲み物とデザートではないか?そこに春雨ヌードルを追加したところで

全くエネルギー量がたりないのではないか?と。

そんな食事にもかかわらず、当人は「今ダイエットで」などというのだからおかしなものだ。

痩せる痩せないよりも、必要な栄養が足りていないのではないだろうか?

栄養バランスについてはド素人の私でも、人間には「野菜」と「肉類などのタンパク質」と「ご飯などの炭水化物」が

バランスよく必要だ、くらいの事はわかる。

その辺のことはいまどきの若者のほうが詳しいとも思うのだが、それを全く無視した食事を続けている人の

なんと多い事か。 

人間の体は、パッケージに表示されたカロリーを積み上げて、ある程度になればOKというものではないのだ。

明らかに栄養が不足している食事を食べ、ダイエットをしている気分になるよりも

しっかりと食べて運動をすればいいのではないかな、などと

自分の事は棚にあげて思ったりするのだ。

 

最近の若者・・・草食系男子と言われる所以

  • 投稿日:
  • by

若者の扱い方というのは非常に難しいものがあります。特に草食系男子といわれる男。

まあ、これはゆとり世代の風産物であるとしかいいようがないのですが、それにしてもイケていません。

昔の男のようにガツガツしたガッツが全く感じられないのです。

趣味は何か?と聞かれても家でテレビゲームをしている有様・・・

うーん・・・

こういう人間が増えていくのはどうなのだろう・・・って個人的におもいますけどね。

で、

腹のたつことがあればすぐにキレる有様です。これもテレビゲームの影響があるのでしょうかね・・・

とにかく、こんな人間を育てる教育というのは本当にダメですね。

これからの時代は自分の力で切り開いていける強い男というのが求められる時代ですから。

みんなそろってゴールインなんて甘いことをいっていてはいけないのです。