健康なんておかまいなし!拒食ぎみのダイエットは危険だよ!

  • 投稿日:
  • by

外食をしていても、コンビニで食材を買う時も思う事だが

食事や弁当は、食べているもののカロリーがやたらに大きく記載されている

ものが多い。はっきりと調べてみたわけではないのだが

おそらく低カロリーの物ほど大きくカロリー表示をして

「こんなに低カロリーですよ」というのをアピールしているのではなかろうか。

午後もたっぷり働かなくてはならない日の昼食がおにぎり一つと春雨ヌードル

などという女性を見ると、他人ごとながら心配になってくる。

そんなときに朝ご飯は何を食べたのか尋ねてみると「ヨーグルトと野菜ジュース」などと

いう答えが返ってくるのだ。

それは食事ではなくて飲み物とデザートではないか?そこに春雨ヌードルを追加したところで

全くエネルギー量がたりないのではないか?と。

そんな食事にもかかわらず、当人は「今ダイエットで」などというのだからおかしなものだ。

痩せる痩せないよりも、必要な栄養が足りていないのではないだろうか?

栄養バランスについてはド素人の私でも、人間には「野菜」と「肉類などのタンパク質」と「ご飯などの炭水化物」が

バランスよく必要だ、くらいの事はわかる。

その辺のことはいまどきの若者のほうが詳しいとも思うのだが、それを全く無視した食事を続けている人の

なんと多い事か。 

人間の体は、パッケージに表示されたカロリーを積み上げて、ある程度になればOKというものではないのだ。

明らかに栄養が不足している食事を食べ、ダイエットをしている気分になるよりも

しっかりと食べて運動をすればいいのではないかな、などと

自分の事は棚にあげて思ったりするのだ。