最新わきが治療|切らずに治療できる手術法ってどんな方法?

  • 投稿日:
  • by

ワキガの人が近くに来ると、かなりキツイ臭いがするのですぐに分かりますよね!思わずその人を見てしまったり、もしかしたら自分が臭っているのではないかと脇の臭いをこっそり嗅ぎたくなりますよね・・・

でも、あの臭いって実は自分では気付いていない場合が多く、誰かに指摘されて初めて自分がワキガだと気づくようです。

あんなにきつい臭いが分からないなんて信じられませんが、毎日同じ臭いを嗅いでいるとマヒするものらしいですよ。

周りの人も身近な人がワキガだって気付いても、それを指摘するのって勇気がいるし、その人を傷つけてしまいそうでできればそのままにしておきたいと思うはず。

最近はデオドラント効果が高いケアグッズや汗を吸収するパットなどワキガの人のための商品がたくさんあり、それを使うことで臭いが抑えられていると勘違いしている人もいるかもしれません。しかし、普通の汗の臭いとは違いワキガの臭いは簡単に消臭できるものではないのです。

 

もし、自分がワキガだと気づいたらどうしますか?

当然何らかの方法でその臭いを解消しようと思うはずですが、市販のデオドラントスプレーなどではあの独特の臭いを元から断つことができないので、最終的には病院での治療が必要になります。

このワキガの治療はいくつかあって、多くの人が悩みを解決しているのです。

主な治療法としては手術して臭いを出す部分を切除するのが一般的ですが、最近は切らずにできる手術方法が人気です。

切らないで臭いの原因になる汗腺を切除できるなんて信じられませんが、傷跡が残らない事や術後すぐに腕を動かすことができるなど体への負担が少ないというメリットがあります。

この手術方法はミラドライと呼ばれる方法で、レーザーを使って臭いの元になる汗腺を破壊することで、ワキガの嫌な臭いを解消することができるのです。

まだ、このミラドライを受けられる病院は多くありませんが、これからの脇が治療の主流になってくるのではないでしょうか?

今までのワキガ手術は手術跡が残り抜糸などで通院の必要がありましたが、効果はそのままで身体的負担が少ないミラドライが選ばれるケースが多くなってきました。まだ高額なので簡単には受けられないかもしれませんが、いろいろな方法を試すよりはミラドライで確実にワキガの臭いから解放された方が良いのではないでしょうか?